Notice: Undefined index: country in /var/www/wordpress4/wp-content/plugins/wp-slimstat/wp-slimstat.php on line 557

Whole or part

自宅仕事場で長年オカムラのバロンチェアを愛用しているのだけど、経年劣化で肘掛けの肘パッド部分が割れてきた。

以前も座面のメッシュが外れてしまったことがあったのだけど、その時はまだ保証期間内だったので連絡するとすぐに無償で取り替えてくれた。

今回は既に何年も経っているし、どうしようかと考えていたところパーツだけをオカムラが販売していると言うことを知った。ただ、当然ながら、どうやって交換するかの説明もしないし、交換による不具合も保証しないと言うことだった。

さて、こういうときはネットの集合知に頼れば分かるだろうと高をくくっていたのだけど、出てくるのは肘掛けの肘パッドの部分だけで無くそのもの全部を交換したというものばかり。

確かに肘パッドの部分は素材が変わっているというのがあちこちに書かれている。もしかしたら、形状そのものが変わってしまった可能性もある。そもそもその部分が取り外せるのかというのもどこにも書かれていない。

肘パッドだけなら2千円ぐらいで済むものが全部取り替えるとなると1万5千円を超える。しかもフレーム自体の素材が変わってるということがチラリと書かれていたりして、出来ることならば避けたい。

色々考えたのだけど、どうせ壊れてるのだしと思って思い切って外せるかどうかを試みてみた。

結果は外すことが出来た。丁度肘パッドの下の段差部分から分割出来るようになっていたのだ。何カ所か爪で止まっているところがあった。肘パッドの方は潰れてしまった爪があったが下側には何も損傷が無かったのは幸いであった。

肘パッドの部分だけ取り外すことが出来たので、あとは新しいものの形が合うのを願うだけだ。

左用の肘パッドはこちらで注文した。

新しいものはこのような形で届いた。裏側を見れば分かるとおり古いものとは異なっている。表側も柔らかい素材に変更されていた。そして形もパッと見たところでは同一のままだった。

 

新しいものを取り付けるには少々コツが必要だった。爪があるのは先に説明したとおりなのだが、その部分(下図矢印部分)を上からかなりの力で「パチッ」と鳴るまで押さえる必要がある。

当初隙間が空いたままになるのはやっぱり新旧による形状の違いなのかと思ったのだけど、爪をかけるのに上記のように力をかける必要があったのだった。

と、いうわけで、もくろみ通り安く肘掛けの修理を行うことが出来た。素材の違いがあるので右側も交換するかと考えているのだけど、しばらくはそのままになりそうだ。

お約束であるけど、この記事の内容を元に肘パッドの交換を試みても、当方はその結果を保証しない。御自分の責任に於いて行っていただきたい。