Deprecated: __autoload() is deprecated, use spl_autoload_register() instead in /var/www/wordpress4/wp-includes/compat.php on line 502

Deprecated: Methods with the same name as their class will not be constructors in a future version of PHP; MT_Import has a deprecated constructor in /var/www/wordpress4/wp-content/plugins/movabletype-importer/movabletype-importer.php on line 32

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /var/www/wordpress4/wp-content/plugins/wp-slimstat/wp-slimstat.php on line 1882

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /var/www/wordpress4/wp-content/themes/graphy/inc/widgets.php on line 85

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /var/www/wordpress4/wp-content/themes/graphy/inc/widgets.php on line 200
Have A Long Trip With MacBook Air – NIT-Universe
Notice: Undefined index: country in /var/www/wordpress4/wp-content/plugins/wp-slimstat/wp-slimstat.php on line 557

Have A Long Trip With MacBook Air

HyperMacというMacBook用の外部補助バッテリーの存在を思い出し、購入しようと思うきっかけになったのはMagSafeコネクタのパテント関連でこの製品を販売しているメーカーがAppleから訴えられたというニュースを見たことだった。

仕事で外出するときはMacBook Airを持ってでかけている。AirはMacintoshの中では軽くて携帯性は良い方なのだけど、如何せんバッテリーの持ちはあまり良くない。メーカースペックでは5時間となっているけど、なんとなく実際に使ってる感じでは2時間半ぐらいだろうか。

行き帰りの電車でフルに使うと、あとはスターバックスで使うにも心許ない量しか残ってないという状態だ。なので、ACアダプタも持ち歩いてチャンスがあれば充電していた。それとは別にPocket Wifiも持ち歩いていて、こちらも持って4時間ぐらい。一日出歩くにはちょっと足りないので何か補助バッテリーが必要だった。

Airの方は仕方ないにしても、Pocket Wifiの方は何とかしたいと思っていたところにニュースを見て、その存在を思い出したのだ。

さて、わたしが購入したのはMacBook用のMagSafeコネクタがつくタイプの中では一番小さい60Whのものだ。Airのバッテリー容量は40Whとあるので、1.5倍の容量と言うことになる。MacBookへの電源供給とは別に給電用USBポートがついているので、ちょうどわたしのAir+Pocket Wifiと言うニーズにマッチする。この製品は製品のページの注意書きにもあるように15″以上のMacBook Proは未対応なので注意が必要だ。

購入はこのメーカの直販のネットストアから行った。最近は海外ネット通販もあまり心理的な障壁は感じない。もっとも、今まで購入してきたものが不良品ではなかったので苦労しなかったというのもあるかもしれない。返品や交換となると大変そうだ。このHyperMacの製品で初期不良を引いてしまって交換が大変だったという方もネットで見かけた。いざというときの対処は必要になるかもしれないというのは覚悟をしておくべきかもしれない。

注文時には充電用のACアダプタのコンセントの型がいくつかと、MagSafeのコネクタの型が通常のMacBook型かAir型かが選べる(MagSafeコネクタは無しも選べるけど、この製品を買うユーザはその選択肢はないんじゃないかな?あと、追加料金を払えばどちらもつけることもできる)。コンセント型はUSタイプでOKだ。MagSafeは(当然)Airタイプを選んだ。

発送まで、わたしが注文したときは一週間位というステータスだったのだけど、三日後ぐらいには既に発送されたというメールが届いた。さらに三日ぐらいで手元まで届いた。一週間ぐらいで手に入ったわけだ。あまり国内の通販と感覚的にも変わらない。

さて、肝心の製品だけど、パッケージは海外の製品の例に違わずかなり雑な感じだ。なかでもMagSafeコネクタは右の写真のように後からパッケージにテープで貼り付けられていた。しかも綺麗に貼ろうという意志が全く感じられないのが潔い。

MagSafeコネクタは先だけで根本の方はACアダプタでおなじみのアレだ。MagSafeの部分はアップルのACアダプタの部品の流用品という噂もあるのもうなづけるほどまんまな感じだ。

HyperMacの充電は付属のACアダプタで行う。戸惑ったのは、充電中といったステータスが一切バッテリー側には出ないことだ。ボタンを押して残量を表示することは出来るけど、それも一定時間で消えてしまう。

もしかして充電電圧制御を行ってないのではないかという不安もよぎったのだけど、充電ステータスはACアダプタ側に出るという仕様なのだった。ACアダプタにLEDがついていて、充電中なら赤、完了で緑になる。完了で緑になってコンセントより先にバッテリーを外すとそのまま緑というアバウト設計だ。

Airへの充電はMagSafeのコネクタを使って行う。このコネクタを挿すところと、ACアダプタを挿すところは別なのだけど、どちらにも挿すことが出来そうだ。その結果どうなるかは怖くて試していない。

Airへの充電は、さすがにACに比べると時間がかかる。ここでもMagSafeのコネクタ部分は充電中でオレンジになって完了で緑になるけど、完了後にAirから取り外しても緑のまま光ってるというアバウト設計だ。何かちゃんと制御すべきな所をやっていないのだろうか。わたしは、使用時はAirの内蔵バッテリで使い、移動時に充電させておくというような使い方をしている。

さて、色々不安要素もあるのだけど、トータルでみて大満足だ。Airの稼働時間は軽く2倍は伸びた。かつ、Pocket Wifi程度なら10時間ぐらい使いっぱなしでも4段階あるバッテリー残量表示の1目盛しか消費しなかった(線形に減るとは限らないけど・・・)。なので、AirをPocket Wifiと組み合わせて外出先で使うという用途ではバッテリー残量を気にする必要はなさそうだ。

重さは360g程だけども、見た目よりずっと軽い感じがする。Airと合わせて1.8Kgぐらいにはなるのだけど、それでもMacBook Pro 13″よりは軽いわけだ。大きさもAirのACアダプタと比較してみてもらったら分かるとおり、文庫本より小さい(厚みはやや太めの文庫本ぐらい)。

欲を言えばUSBポートがもうひとつあればさらに助かるのだけど、それは二股USBケーブルでも作って対応しようと思う。

こういうアクセサリがAppleの純正で出ないかなと思うのだけど、美意識的に絶対に出さないんだろうな。